FC2ブログ

■こうがんきたる(鴻雁来)!(京都・今日明日 10/8)



今日から七十二候では、こうがんきたる(鴻雁来)です。

何の説明も要らないほど、季節をよく表しているように思います。



雁、「がん」とも「かり」とも…。

鴨川でもよく見かける渡り鳥。

ゆっくりと川面を泳ぐ姿には癒されますが、日に日に寒くなっていく京都の冬も思い浮かびます。



二十四節では今日から「寒露」。

露が凍りそうになる、という意味です。

秋が深まり、冬に向かっていく様を、これらの言葉は的確に簡潔に表しています。



夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里(藤原俊成)

口ずさむだけで秋の夕暮れを感じます。



次候は、きくのはなひらく(菊花開)です。



20151008東福寺
(東福寺の秋)



次のリンクはカテゴリー毎のメニューページです。こちらからもお入りください♪


■■京都見どころナビ・サイトマップ
■■今日の京都、明日の京都
■■京都、見どころナビ(10月)
■■京都見どころナビ(9月)
■■京都見どころナビ(8月)
■■京都見どころナビ(7月)
■■京都の美術館・博物館ナビ
■■祇園祭の山鉾ナビ
■■ナウ・ザ・祇園祭2015
■■五山の送り火ナビ
■■京都の六斎念仏ナビ
■■京都手づくり市ナビ
■■京都人気ランキング


関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

東福寺は、ウチの近所です。

ケンさん、こんにちは。
久しぶりに、コメントを書きます。

自分は本町通がホームなのですが、
東福寺はウチから南に約1kmにあります。
高校生だった約30年前には
まだ観光地されていなかった臥雲橋を
よく待ち合わせ場所にしました。
ここの紅葉は、三ノ瀬川流域がきれいですね。
多くの方は通天橋を渡られますが、
本当は遠くからこの通天橋を見るのが
絶景ポイントです。
特に臥雲橋からのものが最高なのですが、
現状では11月末は人が多くて誰か立ち止まったら
死人が出るかもしれない状態になります。

ですから、次の候補の
方丈庭園から見た通天橋がお勧めになります。
11月末の通天橋は普通に6時間待ちですが、
方丈は待ち時間がありません。
京都見どころナビのメニュー♪
スポンサードリンク
最新記事
リンク
カテゴリ
プロフィール

ケン

Author:ケン
神戸産のkenです♪縁あって今は京都住み♪京都に夢中、京都を満喫中♪好き:祇園祭、三大祭、送り火、神社、仏閣、御朱印、町家、鴨川、嵐山♪よろしくお願いします♪

最新コメント
京都に夢中!
ブログランキング
検索フォーム